エラスチンとSPEC


SPECとは、Sports Performance Characteristic(スポーツ動作特性)の略であり、身体に合った使い方を引き出していく事を目指すボーディーワークです。

身体の中を流れる「電子」に着目し、それがよりよく流れるための身体の使い方を400億通り以上の中からデザインしていきます。

SPECでは、「動きの情報に対して好反応を示す身体の性質」を動作特性と呼んでおり、その人が持つ動作特性を評価して、それに合わない使い方になっている所とその原因を解決していきます。

それにより、パフォーマンスやスポーツ障害に悩むアスリートが「より安全で持っている力を発揮しやすい身体の状態」に向かえるようサポートしていきます。

(SPEC Official website:

http://sportsperformancecharacteristic.jimdo.com/)

 

パフォーマンスやスポーツ障害に悩むアスリートは、身体の機能を低下させる「合わない使い方」になっていることがほとんどです。

こういった「合わない使い方」をリセットし、「合う使い方」を引き出していくための動きや着眼点はないものか、というフォーカスの中でたどり着いたのが『靭帯の弾性』です。

この靭帯の弾性を利用したエクササイズを体系化したのが、SPEC”Unleash”(スペック アンリーッシュ)です。

〈Unleash〉とは、「開放する、解き放つ」という意味の単語です。

『靭帯の弾性』を利用するメリットは、「合わない使い方」をリセットして、「合う使い方」を引き出していく情報となることです。このことが、筋肉や骨、神経などを構成している細胞や分子の本来の機能を回復させ、持っている力を発揮しやすい身体状態へと導いていきます。

もう一つのメリットは、靭帯が持つ「ゴムの性質」が、筋肉では作り出せないスピードとパワーを生むことです。これをSPECでは『ウルトラファスト運動』と呼んでいます。

このゴムの性質を利用しているのが昆虫であり、体長の100倍ジャンプするノミや、目にも止まらないトンボの羽ばたきなどは、昆虫の中にあるゴムの性質をもったタンパク質のおかげなのです。

このように、細胞や分子の機能が高まる「合う使い方」と、筋肉では作り出せないスピードとパワーを"開放する"エクササイズ、それが『SPEC”Unleash”』なのです。